雨色どろっぷ。

自由気ままにイラストとかコス写など乗せちゃう場所(・´ω`・)

[ スポンサーサイト ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( --:-- ) | スポンサー広告 |TB(-) |CM(-) | ↑Top


[ 【コス製作】宗像・伏見・淡島【セプター4サーベル(1)】 ]

もう放置とかなんか気にしない!!!!
気にしたら負けだ!!!!


と、いうことで!←
今日は去年12月に作ったアニメ「K」のセプター4宗像と伏見・淡島のサーベル(自己流)の作り方をつらつら~っと載せていきたいと思います。


ぶっちゃけ、写真の撮り忘れだらけなのでなんの参考にもならないと思いますが…
もし、これからサーベル作る!!!って人の少しでも参考になれば嬉しいな…

kansei
↑一応こういうのが出来ます。


以下続きから…
今回はこちら[ http://gyakuyoga.hobby-web.net/ ]のサイト様の「まどマギのさやかのサーベル」・「FF零式クイーンの鞘の作り方」を参考にさせて頂きました。

他にもいろいろな武器などの型紙、作り方がわかりやすく載っているので、是非参考にしてください!!
またこれからも参考にさせて頂きます!!!!

●材料●
・厚紙
・ランオンボード(コーヨーソフトボード)
・アルミ棒(太さによっては1本で)
・シルバー・グレーの塗装スプレー
・紙ねんど
・アクリルパーツ(水色)
・瞬間接着剤(Gボンド)
・グルーガン(透明)
・茶色の合皮
・青の合皮、またはエナメル(宗像には金のバイアステープなど)
・黒・金のアクリル絵の具
・愛とやる気
・抜刀した時の妄想

大体、1本作るのに2000円は行きませんでした(*゚▽゚*)
(良く考えないで買ったので本人は2000円超えたので後サーベルがもう何本か作れそうです真顔)


*****
●刃●

まず厚紙で刃を作ります。(※当人の刃の長さは82センチ)
刃の幅は当人は4センチで切りましたが、ぶっちゃけもうちょっと細くてもいいです。
3センチ、3,5センチくらいでいいかも……

2枚同じ形に切ったら、1枚の刃の峰のところにアルミの棒をグル―ガンで貼り着ける。
これが芯になります。
芯の着いた刃ともう1枚の刃を重ね、刃(は)の面の所を接着剤でくっつける。

さ1
※当人は2本アルミ棒使ってます

2枚重ねた峰のほうですが、アルミ棒が見えてかっこ悪いので、溝をグルーガンでひたすら埋めます。
柔らかいうちに残ってる厚紙をヘラにして平らにしていくといいかも!

さ2
このようになります!!

そしたら塗装!!
まずシルバーのスプレーで全体を塗り。それが乾いた後に峰の部分をグレーで少し染めます
シルバー一色でも大丈夫とは思いますが、個人的にグレーを入れた方がそれっぽいのでそうしました\(^o^)/

そして染めたのがこちら
サーベル2
ほらなんとなくいい感じにみえるでしょう。(多分きっと


●柄●

まず厚紙で型紙を作り、刃を通す穴の位置も決めておきます。
刃を通す穴の位置は、真ん中にするより、中心から若干下めで書きました。
型紙を作ったら、ベースは5ミリボードで作ります。
ベースを作り、刃の穴を開けたら。
伏見・淡島のベースはドライヤーで熱加工していい具合にウェーブを作ってください
宗像のベースもウェーブをつくるとよりそれっぽいのでしょうが…
ウェーブを作ると、あのめんどくさいお洒落な壁のような装飾(笑)をつけるときにかなり難しいです…
なので、当人の宗像の柄のベースはそのままの平坦で作っております!!


ベースをつくったらあの先がクルンってしてるところ←
当人はベースとは別々に2ミリのボードで長方形のような型をとり、熱加工で丸め、5ミリにくっつけるという作り方をしました。
s0.jpg
わかりずらいですがこんな感じ…

ですが、これ。後々にまだ壊れては居ませんが。。。結構……もろいです。真顔
なのでこの作り方はお勧めしません。←

これだったらもう、5ミリのベースの先端をちょっと長く、丸められるくらいに切り取って、丸め固定してしまう、方がきっと丈夫な感じになると思います…。


とりあえず、後は角を軽くライターであぶって丸みを出して伏見・淡島のベースは終わりです!

宗像の柄は、このウェーブかかってない平坦なベースの端に囲むように壁を付ければ完成!!
めんどくさいけど難しい事は何もないです!

※当人はここで塗装する前に、出来た柄の縁をグル―ガンでなぞるように装飾してますが、これはやってもやらなくてもいいかと\(^o^)/なんかちょっとお洒落さを求めてやってるだけです!!

・柄の塗装・
・柄の塗装となっていますがこのサーベルの金色で出来ている部分はみんな同じ塗装方法になってます
・当人は塗装も心配だったため1つのパーツが出来る度に塗装しました。全部組み立ててから、最後に一気に塗装でも全然大丈夫かと思います
・アクリル絵の具で染めず、スプレーで塗装希望の方は以下の文は参考にはなりません。


まず、出来たパーツをアクリル絵の具の黒で全面を塗る。
ここで黒を塗っておかないと金をのせた時に色の出方が全然異なってしまいます。
必ずと言って最初に黒で下塗りをしておいてください。

黒が乾いたら、上から金の絵具をベタベタと……
グル―ガンの場所は色が乗りずらいので注意してください!


ちゃんと色が乾いたら刃を柄の穴に差し込みグル―ガンで固定!!
そしてこうなる
700506939.jpg
この辺で大体テンションが上がってきます\(^o^)/ふっふー!!!

そして次から取りかかる持ち手の事を考えて、絶望します←←


●持ち手●

最初に持ち手の型紙を厚紙で作る。
こんな感じで作りたいぜ!って言う思いを込めて作りましょう←
この時、飛び出しているアルミ棒が隠れる大きさ、また、気持ちちょっと一回り小さめで作ってください。
一回り小さめで作るのは、この後いろいろ肉付けをするので完成した時に太くなり過ぎない為です。


5ミリのボードを型紙通りに2枚切り取り、アルミ棒が当たる部分は2枚のボードが綺麗に重なるようにカッターで慎重にゴリゴリと削って、溝を作る。
700555881.jpg
ベースができたどおおおお!!
これをもっと綺麗に装飾していきます!!!


まず角をライターであぶって。
でも、やっぱりもうちょっと丸みが欲しいので、このベースに紙粘土で肉付けをしていきます。
さーべる4のコピー
本当に全体的にうすーくうすーく。角が丸くなる程度にで大丈夫ですが、丸で囲った部分はちょっと多めに盛ってあげて下さい。
特に下の部分はこのまま金色になる部分ですので綺麗に丸みを帯びさせてあげてね!!←
最後にアクリルパーツをはめ込むので若干の窪みを作っておくと便利。
ここまで出来たら、暫く紙粘土が乾くまで待機\(^o^)/


次に、握るグリップ作製。

ぶっちゃけ当人が結構こだわった場所です。
本当はライオンボーに溝を作り、茶色に染めるという方法でも悪くはないし、簡単に出来る方法かと思いましたが。どうしてもなんかグリップ感が出したくなって。この方法を……


・まず、適度な長さのある、長方形型に切り取った茶色の合皮を大量に量産。
・合皮の片方の端だけを少し折り曲げてくっつける。
・その合皮を、片方だけくっつけた部分を上にして、1枚1枚少し重なるようにベースのグリップ部分になる辺りにどんどん貼りつけて行く。

そして出来る芋虫のようなグリップ
さーべる5
これだけ見ると非常に気持ち悪いです。真顔


さて、ここから大事なのに。
ここの画像が無いんです。詰んだ\(^o^)/
ので、きったない絵でお送りいたします真顔

まず芋虫グリップの持ち手にカバーしていきます。
パーツは3つ!
s1のコピーs2.jpg

まず最初に、グリップの下に青のエナメルを貼る。または塗装をしてください。
金色の間からちらっと見える青い部分になります!

そして、肝心のパーツ。この3つのパーツはすべて2ミリのボードで出来ており、真ん中のパーツは2枚作ってください。


真中のパーツ、これは最初に作った持ち手の型紙から複製して型紙を取ります。(ぶちゃけ勘で←)
ですが、持ち手は既に肉付けや合皮を貼っていますので少し大きめで作る、またはボードを切り取ってください

そして出来たパーツ3つを、ベースの持ち手に瞬間接着剤やグル―ガンで巻くようには貼りつけて行く。
その際、
s3.jpg
この赤で囲った部分は長めに切っておくと巻きつけるときに楽になると思います!
長めに切っておき、くっつけて行く中で余った部分をカット!!
後は角をライターであぶったり、紙やすりを掛けたりして整えます。

後はサーベルの他の装飾を、2ミリのボードやグル―ガンで再現して持ち手は終了です。


すごくわかりずらいだろ?
書いてる本人は説明がめちゃクソ苦手なので、どうしていいからもう分からないよ!!!
でも上記のように進めると
701402071.jpg
こうなる。真顔
この辺でもう塗ったらサーベル終わりなんじゃねぇ?!って錯覚に陥るが、そんなことは断じでない!!


あとはこの持ち手にグリップの部分を気を付けながら、アクリル絵の具で柄の塗装で書いた塗装をしてください。

そして塗った後に気づく、パーツがまだ付いてなかった事実www
あのアーチしてるあれ、あの部分。。。
2012121414040000.jpg

ちょっと先が変な形をしておりますが、柄の角のラインと合わせるよう、また持ち手のところに付けるのに不自然な形にならないように削った感じになります。

また、この先だけ2ミリの厚さからカッターで削り半分くらいの厚さになって段差を少なくしてあります

これもグル―ガンで固定し。塗装。


そして最後に、持ち手の一番下を窪ませておいた場所にアクリルパーツをグル―ガンで付けて完成!!
(※因みにこのアクリルパーツはhttp://clothic.jp/index.html CLOTHic クリスタル項目 正円 15mm 水色 です)
701721626.jpg

後半もう説明がぐだぐだになってます。
スイマセン。。。

とりあえず、これで抜刀したサーベル本体は完成です!!!!!


次に鞘!次の記事で書きます\(^o^)/
スポンサーサイト



【コス製作】宗像・伏見・淡島【セプター4サーベル(2)】 ホーム【コス】Je t'aime pour toujours.

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL
[ http://ameirodrp.blog.fc2.com/tb.php/17-99ea6f4e ]

ホーム
Copyright © 2017 雨色どろっぷ。, All rights reserved.

Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。